プロフィール

岩崎 航

profilephoto

詩人。1976年1月、仙台に生まれる。本名は岩崎稔。

3歳で筋ジストロフィーを発症する。17歳の時、将来に絶望して自殺を考えたが、病をふくめてのありのままの姿で自分の人生を生きようと思いを定める。現在は胃ろうからの経管栄養とNPPV(非侵襲的陽圧換気療法)での人工呼吸器を使い、終日24時間ヘルパー介助を得ながら自宅で暮らしています。

25歳から詩作。2004年から五行歌を書く。06年に『五行歌集 青の航』を自費出版。13年7月に詩集『点滴ポール 生き抜くという旗印』(ナナロク社)刊行。14年7月『三田文学』に巻頭詩を掲載。同年9月に谷川俊太郎さんと詩の朗読とトークの会を開催。15年11月にエッセイ集『日付の大きいカレンダー』(ナナロク社)刊行。15年9月にNHK Eテレ「ハートネットTV」・16年4月に「ETV特集」で創作の日々がドキュメンタリーとして全国放送。自身の自立生活への道を綴ったコラム『岩崎航の航海日誌』(16年7月〜17年3月/ヨミドクター)の連載、BuzzFeed Japanへの寄稿(17年7月〜)の他、講演会、シンポジウムへの登壇、トークイベントなど、表現の幅を広げ活動しています。18年6月、兄で画家の岩崎健一と共著で画詩集『いのちの花、希望のうた』(ナナロク社)を刊行しました。

◇岩崎航への連絡はこちらのメールフォーム→https://ws.formzu.net/dist/S31139361/
 もしくは info◎◎iwasakiwataru.com 宛メールにてお願いします(◎◎を半角@に変えて送信)
※仕事のご依頼・お問い合わせ、介助者募集・採用については、後ほど岩崎からご返事いたします。


◇岩崎航 Twitter https://twitter.com/iwasakiwataru

●著書
・詩集『点滴ポール 生き抜くという旗印』ナナロク社 2013.7 刊行(6刷)
 http://www.nanarokusha.com/book/2013/05/15/1615.html
・エッセイ集『日付の大きいカレンダー』ナナロク社 2015.11 刊行(2刷)
 http://www.nanarokusha.com/book/2015/11/19/3621.html


●共著書
・画詩集『いのちの花、希望のうた』(岩崎健一:画・岩崎航:詩)ナナロク社 2018.6 刊行
 https://amzn.to/2Ln80aw


●連載
・コラム『筋ジストロフィーの詩人 岩崎航の航海日誌』ヨミドクター(2016.7〜2017.3)
 https://yomidr.yomiuri.co.jp/column/iwasaki-wataru/

・コラム『続・岩崎航の航海日誌』岩崎航note(2017.5〜現在休載中)
 https://note.mu/iwasakiwataru/m/mf61b922a0458


●寄稿
・詩『震えたのは』/三田文学 2014年 夏季号(2014.7)「巻頭詩」
・詩『自在』/のんびり 16号(2016.3)「詩修 第11回」
・エッセイ『「助けて!」という言葉』/潮 2016年4月号「ずいひつ 波音」
 http://iwasakiwataru.com/?eid=1077
・コラム『「しかたない」を乗り越える。誰もが生きることを脅かされないために』/
 BuzzFeed Japan 2017.7.26 https://goo.gl/KAMsNP
・スピーチ『あなたも 私も 生きるための伴走者になって』/
 BuzzFeed Japan 2018.3.5 https://goo.gl/DyAVj1


●対談、講演など
・対談 谷川俊太郎×岩崎航「朗読とトークの会 ふたりの詩人が町の映画館で語ること」
 会場:仙台・桜井薬局セントラルホール(2014.9)
・講演 日本障害者歯科学会 第31回総会・学術大会「県民公開講座 演題:生き抜くという旗印」
 会場:仙台国際センター(2014.11)
・対談 末井昭×岩崎航「末井昭さんと「自殺」の話 〜仙台篇〜 ゲスト:岩崎航」
 会場:あゆみBOOKS仙台一番町店(2015.2)[シノドス]http://synodos.jp/welfare/14107
・講演 重度の障害があっても自立した生活を実現しよう!ともに介護保障を考えるシンポジウム/仙台
 会場:仙台市福祉プラザ(2017.9.14)http://senben.org/archives/6972
・講演 みやぎアピール大行動2017 当事者アピール ※病欠により代読
 会場:せんだいメディアテーク(2017.10.9)
・講演 シンポジウム「子どもの自殺〜子どもの健やかな未来のために大人達にできること」※動画登壇
 会場:熊本市男女共同参画センターはあもにい(2018.3.3)


●著者インタビュー
・ほぼ日刊イトイ新聞(取材:奧野武範、写真:齋藤陽道)
「生きる、ということ。 岩崎航・詩人・進行性筋ジストロフィー・点滴ポール」全3回(2014.2)
 http://www.1101.com/iwasaki_wataru/index.html

・読売新聞 ヨミドクター/編集長インタビュー(取材:岩永直子)
「筋ジストロフィーを病みながら、生きる喜びを歌う詩人、岩崎航さん」全5回(2015.5〜6)
 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150529-OYTEW54964/
「[番外編]筋ジストロフィーを病む詩人、岩崎航さん」全2回(2016.2)
 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160218-OYTET50010/

・読売新聞 朝刊 2015年12月30日/人物紹介コラム「顔」(取材:岩永直子)
 筋ジストロフィーの詩人 岩崎航さん(39)


●著者ドキュメンタリー
・NHK Eテレ/ハートネットTV 2015年9月8日 放送(30分)
「生き抜くという旗印 詩人・岩崎航の日々」
 http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2015-09/08.html

・NHK Eテレ/ETV特集 2016年4月30日 放送(1時間)
「生き抜くという旗印 詩人・岩崎航の日々」
 http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259536/index.html


●著書への書評(一部)
・谷川俊太郎.com 2013年8月1日
 詩集『点滴ポール 生き抜くという旗印』(評者:詩人・谷川俊太郎)岩崎さんのコトバ
 http://www.tanikawashuntaro.com/archives/1014

・読売新聞 YOMIURI ONLINE 2015年12月18日 書店員のオススメ読書日記
 詩集『点滴ポール 生き抜くという旗印』(評者:リブロららぽーと富士見店・菊田和弘)

・読売新聞 朝刊 2015年12月20日 書評面
 エッセイ集『日付の大きいカレンダー』(評者:批評家・若松英輔)生を切り拓く言葉

・週刊朝日 2016年6月3日号 書評コラム・ベストセラー解読
 エッセイ集『日付の大きいカレンダー』(評者:作家・長薗安浩)生き抜くための光源
 https://dot.asahi.com/ent/publication/reviews/2016052600106.html

・女性セブン 2016年3月17日号 書評コラム「今日を楽しむ SEVEN's LIBRARY」
 エッセイ集『日付の大きいカレンダー』(評者:イラストレーター・佐藤ジュンコ)
 http://pdmagazine.jp/today-book/book-review-67/

・朝日新聞 2017年1月16日 鷲田清一・折々のことば 638(岩崎航)
 みんなを照らす太陽も/たまには休んで/月にもなりたいと/思う時もあるはずだと/分かる人で ありたい
 https://goo.gl/L5VUL3


五行歌(ごぎょうか)は、草壁焔太氏が創始した新しい短詩型です。詠み手の言葉のリズム、呼吸の切れ目で五行に分かち書きするのを決まりとしています。くわしくは「五行歌の会」の公式サイトをご覧ください。http://5gyohka.com/

ブログ「航の SKY NOTE」では、岩崎航の詩・エッセイ、活動の告知、専従介助者募集の案内などを掲載します。詩を掲載した日時と、創作した時期は必ずしも一致しません。また掲載順についても基本的に意図はありません。ブログの運営は、日々の創作・生活と体調に無理のない範囲で行います。現時点ならびに過去に掲載した、岩崎航の詩歌、文章、画像の私的利用の範囲を越えた無断での転載・複製を禁じます。このブログへのリンクはフリーです。

TOPに戻る