五行歌【生きると決めた】

五行歌【生きると決めた】 落ちゆく涙/生きると/決めた/その瞬間(とき)を/盾に 砦に


 
 落ちゆく涙 
 生きると
 決めた
 その瞬間を 
 盾に 砦に 
 
続きを読む >>

五行歌【カーソル】

五行歌【カーソル】 キー入力の/カーソルが/往きつ戻りつ/揺れながら/綴(つづ)る言の葉(ことのは)


 
 キー入力の
 カーソルが
 往きつ戻りつ 
 揺れながら
 綴る言の葉
 
続きを読む >>

五行歌【心エコー】

五行歌【心エコー】 心エコーを診る/医師の肩越し/そっと垣間見る/生の証は/紛れもなく


 
 心エコーを診る 
 医師の肩越し
 そっと垣間見る 
 生の証は
 紛れもなく
 
続きを読む >>

五行歌【いったい何が】

五行歌【いったい何が】 できることと/できざることとを/問う我は/いったい何が/できれば良いのだ


 
 できることと
 できざることとを 
 問う我は
 いったい何が
 できれば良いのだ 
 

五行歌【嗚呼 僕も】

五行歌【嗚呼 僕も】 嗚呼 僕も/生きているんだ/青空の/真っただ中に/融け込んでいる


 
 嗚呼 僕も
 生きているんだ 
 青空の
 真っただ中に
 融け込んでいる 
 

五行歌【寝台車の窓】

五行歌【寝台車の窓】 病院の帰途/寝台車の/窓から見えた空/ただ 青く/限りなく


 
 病院の帰途
 寝台車の
 窓から見えた空 
 ただ 青く
 限りなく
 

五行歌【闇の中より】

五行歌【闇の中より】 囚われていた心/闇の中より/方途(ほうと)を求めて/覚悟の祈りは/光 見い出す


 
 囚われていた心 
 闇の中より
 方途を求めて
 覚悟の祈りは
 光 見い出す
 
続きを読む >>

五行歌とは

 五行歌(ごぎょうか)は、日本の古代歌謡と近代の口語短歌をもとに、草壁焔太氏が創始した新しい短詩型です。詠み手の言葉のリズム(呼吸の切れ目)で五行に分かち書きするのを決まりとしています。

 くわしくは「五行歌の会」の公式ホームページにも解説されています。ご関心を持たれた方は、ご覧ください。URL http://5gyohka.com/

(2015.4 更新)

作者のプロフィール

 1976年1月、仙台に生まれる。
 岩崎航(いわさきわたる)の筆名で、詩や文章を書いています。


 Twitter → http://twitter.com/iwasakiwataru


 3歳頃に、進行性筋ジストロフィーを発症。17歳のとき、将来に絶望して死のうとまで考えたが「病をふくめてのありのままの姿」で自分の人生を生きようと思いを定める。現在は胃ろうからの経管栄養と人工呼吸器を使い、自宅で暮らしています。家族や友人たち・介護と医療の支援者の皆さんとともに日々を生きています。


 25歳から詩作をはじめ、2004年の秋から五行歌(ごぎょうか/五行で書く短い詩)を詠む。同時にブログ「航の SKY NOTE」を開設。2006年8月『五行歌集 青の航』を自費出版。


 2013年7月に詩集を刊行しました(現在、第4刷)

 岩崎航詩集『点滴ポール 生き抜くという旗印』

 著者:岩崎航

 写真:齋藤陽道
 ブックデザイン:寄藤文平 鈴木千佳子
 組版:小林正人(OICHOC)
 発行人:村井光男
 発行所:ナナロク社( HP→http://www.nanarokusha.com/
 判型:四六判、本文184ページ
 価格:1512円(税込)


 2015年11月、エッセイ集を刊行しました。(現在、第2刷)

 岩崎航エッセイ集『日付の大きいカレンダー』

 著者:岩崎航

 写真:齋藤陽道
 ブックデザイン:寄藤文平 鈴木千佳子
 校正:牟田都子
 組版:小林正人(OICHOC)
 発行人:村井光男
 発行所:ナナロク社( HP→http://www.nanarokusha.com/
 判型:四六判、本文184ページ
 価格:1620円(税込)

 詩集、エッセイ集ともに書店で発売中です。(店頭在庫がない場合は書店での注文も可能ですので、お店のかたにお伝えください)なおナナロク社でも購入可能です。

(2016.4 更新)

ブログの概要

 ブログ「航の SKY NOTE」では、岩崎航の詩や近況などを掲載します。更新は不定期です。ブログに詩を掲載した日時と、創作した時期は必ずしも一致しません。またブログでの詩の掲載順(配列)についても基本的に意図はありません。


 ブログの運営は、日々の創作・生活と体調に無理のない範囲で行います。


 皆さまからのご感想のお便りは、作者として本当にありがたく嬉しく読んでいます。本来ならそのすべてにご返事をしたいのですが、創作をはじめ、普段の暮らしを大切にし、体調を維持することも優先させていただくため、基本的に個人的なご返信はしておりません。なお、ブログ上の不具合への改善の要望などのお問い合わせについては、状況により対応にお時間をいただく場合があることをご了承ください。


 現時点、ならびに過去に掲載した、岩崎航のすべての詩歌・文章・画像などの私的利用の範囲を越えた無断での転載・複製を禁じます。


 このブログへのリンクはフリーです。

(2016.4 編集)