五行歌【知るための】

五行歌【知るための】 春の温かさを/知るための/冬であったと/言い切ることに/臆(おく)するな


 
 春の温かさを
 知るための
 冬であったと
 言い切ることに 
 臆するな
 
続きを読む >>

五行歌【その ひとりの人に】

五行歌【その ひとりの人に】 その/ひとりの人に/喜びと力を/もたらす/歌で あれ


 
 その
 ひとりの人に 
 喜びと力を
 もたらす
 歌で あれ
 

五行歌【肋の浮き出た】

五行歌【肋の浮き出た】 肋の浮き出た/吾が薄き/この胸板も/男の/胸板である


 
 肋の浮き出た 
 吾が薄き
 この胸板も
 男の
 胸板である
 

五行歌【時の経過】

五行歌【時の経過】 時の経過は/躯(からだ)を細らせはした/けれども/心まで細らせは/しないんだ


 
 時の経過は
 躯を細らせはした 
 けれども
 心まで細らせは
 しないんだ
 
続きを読む >>

五行歌【起爆剤】

五行歌【起爆剤】 プラス思考の渦巻と/マイナス思考の渦巻と/両方に引っ張られる/日常には/起爆剤が 必要だ


 
 プラス思考の渦巻と
 マイナス思考の渦巻と 
 両方に引っ張られる
 日常には
 起爆剤が 必要だ
 

五行歌【燠火】

五行歌【燠火】 誰もがある/いのちの奥底の/燠火(おきび)は吹き消せない/消えたと思うのは/こころの 錯覚


 
 誰もがある
 いのちの奥底の
 燠火は吹き消せない 
 消えたと思うのは
 こころの 錯覚
 
続きを読む >>

五行歌【誇り】

五行歌【誇り】 地獄の一丁目も/涙の河も渡り切って/生きてきたんだ/その誇りを/抱きしめていく


 
 地獄の一丁目も
 涙の河も渡り切って 
 生きてきたんだ
 その誇りを
 抱きしめていく
 

五行歌【楽観】

五行歌【楽観】 楽観主義とは/現実の忌避/ではない/意志と勇気の/芯(しん)の強さだ


 
 楽観主義とは 
 現実の忌避
 ではない
 意志と勇気の 
 芯の強さだ
 
続きを読む >>

五行歌【残すこと】

五行歌【残すこと】 残すこと/生きた証を/残すこと/このように/生きたと


 
 残すこと
 生きた証を 
 残すこと
 このように 
 生きたと
 

五行歌【たたかいのうた】

五行歌【たたかいのうた】 待っていて/くれる/その人のために/たたかいの/うたを うたう


 
 待っていて
 くれる
 その人のために 
 たたかいの
 うたを うたう