岩崎航 公式ブログ「航の SKY NOTE」のURLを分かりやすくしました。

独自ドメインを取得して、岩崎航 公式ブログ「航の SKY NOTE」のURLを分かりやすくしました。新しいURLは、http://iwasakiwataru.com/ になります。

なお従来のURL、http://skynote21.jugem.jp/ でも引き続きブログへのアクセスは可能です。どうぞよろしくお願いいたします。

五行歌【これからは】

五行歌【これからは】 大丈夫ですよ/これからは/心配するのではなくて/見守るだけで/よいのですよ


 
 大丈夫ですよ
 これからは
 心配するのではなくて 
 見守るだけで
 よいのですよ
 

5/7・0時(金曜深夜)ETV特集『生き抜くという旗印 詩人・岩崎航の日々』が再放送

NHK Eテレ・5月7日(土)00:00〜01:00(金曜深夜)に、ETV特集『生き抜くという旗印 詩人・岩崎航の日々』が再放送されます。

ETV特集『生き抜くという旗印 詩人・岩崎航の日々』

【放送日】
・本放送(NHK Eテレ)2016年4月30日(土)23:00〜24:00(土曜夜)
・再放送(NHK Eテレ)2016年5月7日(土)00:00〜01:00(金曜深夜)

仙台在住の詩人・岩崎航さん。“生き抜くこと”をテーマに五行の詩をつづる。全身の筋力が衰えていく難病・筋ジストロフィーを患い、生活の全てに介助を必要とする。かつて病を受けいれられず自殺を考えたが、ありのままの自分の葛藤を詩で表現し、人とつながることが生きる喜びとなっていった。しかし東日本大震災を経て、詩を書く意味を見失ってしまう…。生きるとは何か。静かな創作の日々を見つめ、心の世界を描く。(番組HPより)

●NHK Eテレ「ETV特集」
 http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2016-05-06/31/29336/2259536/

●NHKドキュメンタリー(番組紹介)
 http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259536/index.html

(2016.5.7 更新)

詩(五行歌 三篇)【三色すみれ】

詩(五行歌 三篇)【三色すみれ】(1)さみしさは/風に吹かれて/愛しさは/消えることなく/やさしくて


詩(五行歌 三篇)【三色すみれ】(2)ああ/今、こころ震える/想うこと/霧に立つこと/生きること


詩(五行歌 三篇)【三色すみれ】(3)かざらない/折りたたまない/春の花/わたしとあなた/三色すみれ


 
 三色すみれ(五行歌 三篇)
 

 さみしさは
 風に吹かれて
 愛しさは
 消えることなく 
 やさしくて

 ああ
 今、こころ震える 
 想うこと
 霧に立つこと
 生きること
 
 かざらない
 折りたたまない 
 春の花
 わたしとあなた 
 三色すみれ
 
続きを読む >>

五行歌【夢精】

五行歌【夢精】 恥じることはない/当然の夢精を/恥ずかしいのですがと/前置きした/そのこと卑屈である


 
 恥じることはない
 当然の夢精を
 恥ずかしいのですがと 
 前置きした
 そのこと卑屈である
 


最近はそうでもなくなっているのかもしれませんが、世間的には、まだまだ障害者を無性の存在として見てしまう、扱ってしまうことが多いと思います。人の無認識だけでなく、当事者も抑圧感を抱えつつも楽をして、その周囲に波風の立たないありかたに安住している場合もあるかと思います。僕もそんなところがあったのでこれは実感です。障害者だって人間で、男であり女だという自然であたりまえのことに向き合って生きたいですね。(岩崎 航)

五行歌【火】

五行歌【火】 しっくりと/手に馴染む/器になるための/火なのだ/ゆらめきよ


 
 しっくりと
 手に馴染む
 器になるための 
 火なのだ
 ゆらめきよ
 

月刊誌『同朋』2016年5月号に、岩崎航の詩と言葉が紹介されました。

東本願寺出版から刊行されている月刊誌『同朋』2016年5月号の「こころに響いた言葉 第5回」に、岩崎航の五行歌「青春時代と呼ぶには/あまりに/重すぎるけれど/漆黒とは/光を映す色のことだと」と言葉が紹介されました。執筆は小松大谷高校宗教科の宮森忠利さんです。誌面にてぜひご覧ください。

●月刊『同朋』(東本願寺出版)
 http://books.higashihonganji.or.jp/defaultShop/top/CSfTop.jsp

4/30、NHKのETV特集で『生き抜くという旗印 詩人・岩崎航の日々』が放送

本日(4月30日・23時)NHK Eテレの「ETV特集」で、詩人・岩崎航のドキュメンタリーが放送されます。

ETV特集『生き抜くという旗印 詩人・岩崎航の日々』

【放送日】
・本放送(NHK Eテレ)2016年4月30日(土)23:00〜24:00(土曜夜)
・再放送(NHK Eテレ)2016年5月7日(土)00:00〜01:00(金曜深夜)

仙台在住の詩人・岩崎航さん。“生き抜くこと”をテーマに五行の詩をつづる。全身の筋力が衰えていく難病・筋ジストロフィーを患い、生活の全てに介助を必要とする。かつて病を受けいれられず自殺を考えたが、ありのままの自分の葛藤を詩で表現し、人とつながることが生きる喜びとなっていった。しかし東日本大震災を経て、詩を書く意味を見失ってしまう…。生きるとは何か。静かな創作の日々を見つめ、心の世界を描く。(番組HPより)

● NHK Eテレ「ETV特集」2016年4月30日
 http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2016-04-30/31/23042/2259536/

● NHKドキュメンタリー(番組紹介)
 http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259536/index.html

(2016.5.7 更新)

五行歌【紙一重】

五行歌【紙一重】 苦を受けること/苦をひらくこと/その異なりに/ぼくは/希望の紙一重を感じている


 
 苦を受けること
 苦をひらくこと
 その異なりに
 ぼくは
 希望の紙一重を感じている 
 

五行歌【必要】

五行歌【必要】 言わないから/必要ないのではないよ/ 必要があるけれど/言えないんだよ/追いつめられているんだよ


 
 言わないから
 必要ないのではないよ
 必要があるけれど
 言えないんだよ
 追いつめられているんだよ