五行歌【一行のつぶやき】

五行歌【一行のつぶやき】 途方もない断絶の谷/だが、そこからの/一行のつぶやきこそは/現実からの叫び声/耳をふさいだらいけなかった


 
 途方もない断絶の谷
 だが、そこからの
 一行のつぶやきこそは
 現実からの叫び声
 耳をふさいだらいけなかった 
 

五行歌【漆黒とは】

五行歌【漆黒とは】 青春時代と呼ぶには/あまりに/重すぎるけれど/漆黒とは/光を映す色のことだと


 
 青春時代と呼ぶには
 あまりに
 重すぎるけれど
 漆黒とは
 光を映す色のことだと 
 

五行歌【にぎやかな】

五行歌【にぎやかな】 にぎやかな/忘年会も、新年会もない人はね/かわりに 自分で自分を労(いたわ)ってやるんだ/なあ、お疲れさんって/やあ、また頑張ろうなって


 
 にぎやかな
 忘年会も、新年会もない人はね
 かわりに 自分で自分を労ってやるんだ 
 なあ、お疲れさんって
 やあ、また頑張ろうなって
 
続きを読む >>

詩【何度でも、思いは】

詩【何度でも、思いは】 何度でも、思いはいつも還(かえ)っていく/八つ裂きになっても/辛くて悲しくて狂いそうで/ぐしゃぐしゃになっても/やはり無関心ではいられない/今日もまた、木洩れ日が戻ってくる


 
 何度でも、思いはいつも還っていく 
 
 八つ裂きになっても
 辛くて悲しくて狂いそうで
 ぐしゃぐしゃになっても
 
 やはり無関心ではいられない
 
 今日もまた、木洩れ日が戻ってくる 
 
続きを読む >>

五行歌【生身】

五行歌【生身】 生きるを揺り熾(おこ)す/友だちの声/悲しみを押し流す/一滴の大河/そんな生身の煌(きら)めきが、虹をかけるのだ


 
 生きるを揺り熾す
 友だちの声
 悲しみを押し流す
 一滴の大河
 そんな生身の煌めきが、虹をかけるのだ 
 
続きを読む >>

詩【今】

詩【今】 健康って何だ 病気って何だ/障害って何だ 普通って何だ/「生きとし生けるもの/みんなが難をうけて生きている」/そのことだけははっきり浮かび上がっている/もはや、他人事ではなくなったのだ


 
   
 
 
 健康って何だ 病気って何だ
 
 障害って何だ 普通って何だ
 
 「生きとし生けるもの
  みんなが難をうけて生きている」
 
 そのことだけははっきり浮かび上がっている 
 
 もはや、他人事ではなくなったのだ
 


(@東日本大震災)

五行歌【命がけ】

五行歌【命がけ】 自分の命や、人の命を守ること/そのために必死で闘い/霧の中で迷いながらも/命が命を生かそうとした戦場において/みんなが命がけだったのだ


 
 自分の命や、人の命を守ること
 そのために必死で闘い
 霧の中で迷いながらも
 命が命を生かそうとした戦場において 
 みんなが命がけだったのだ
 


(@東日本大震災)

五行歌【緑が動いた】

五行歌【緑が動いた】 どんな引用もいらなかった/手を握り続けてくれただけだった/涙を流させてくれただけだった/それだけだったが/朽ちかけた倒木に、緑が動いた


 
 どんな引用もいらなかった
 手を握り続けてくれただけだった 
 涙を流させてくれただけだった
 それだけだったが
 朽ちかけた倒木に、緑が動いた
 
続きを読む >>

五行歌【木洩れ日のような】

五行歌【木洩れ日のような】 それぞれに違う思いやり/心のさまざまな部分を/あたたかく/木洩れ日のような影と光で/照らしあえるものだ


 
 それぞれに違う思いやり
 心のさまざまな部分を
 あたたかく
 木洩れ日のような影と光で 
 照らしあえるものだ
 

詩【伝える】

詩【伝える】 ここで平気なふりをしては/ぼくはダメになる/自分が誰だか分からなくなる/やっと今度は、/やっと今度は思えたから/伝えられたよ


 
   伝える
 
 
 ここで平気なふりをしては
 ぼくはダメになる
 
 自分が誰だか分からなくなる 
 
 やっと今度は、
 やっと今度は思えたから
 
 伝えられたよ