五行歌【表札】

五行歌【表札】 あるいは/人の立場をあらわす/表札に/囚(とら)われすぎて/いるからさみしい


 
 あるいは
 人の立場をあらわす 
 表札に
 囚われすぎて
 いるからさみしい
 

五行歌【震えるほどに】

五行歌【震えるほどに】 まさに決断の連続で/生きていることが/怖いような/震えるほどに/いのち燃えるような


 
 まさに決断の連続で 
 生きていることが
 怖いような
 震えるほどに
 いのち燃えるような 
 

五行歌【もどかしい】

五行歌【もどかしい】 もどかしい/そんなときにこそ/はじまりの/ひそかな一歩が/動きはじめる


 
 もどかしい
 そんなときにこそ 
 はじまりの
 ひそかな一歩が
 動きはじめる
 

五行歌【話す】

五行歌【話す】 呼んでも/呼んでも/答えがないような/真夜中の/悲しみと、話す


 
 呼んでも
 呼んでも
 答えがないような 
 真夜中の
 悲しみと、話す 
 

五行歌【目をそらす】

五行歌【目をそらす】 持病への/理解を周囲に求めながら/
その一方で/老いからは目をそらすのか/虫がいいことだ


 
 持病への
 理解を周囲に求めながら
 その一方で
 老いからは目をそらすのか 
 虫がいいことだ
 

五行歌【この“Kogun”には】

五行歌【この“Kogun”には】 この“Kogun”には/よわよわしい空論など微塵もない/したたかに/今日も明日も生きていくという/ただ、それだけだ (*Toshiko Akiyoshiの「Kogun〜孤軍」を聴いて)


 
 この“Kogun”には
 よわよわしい空論など微塵もない 
 したたかに
 今日も明日も生きていくという
 ただ、それだけだ
 
 (*Toshiko Akiyoshiの
     「Kogun〜孤軍」を聴いて)
 

五行歌【「壊れた計器」】

五行歌【「壊れた計器」】 「壊れた計器」を/見つづけているというのは/怖いことだ/行動のすべてが/ちぐはぐになってしまう


 
 「壊れた計器」を
 見つづけているというのは 
 怖いことだ
 行動のすべてが
 ちぐはぐになってしまう
 

五行歌【おとなしくはない】

五行歌【おとなしくはない】 人は、本来/おとなしくはない/そうさ どんなときでも/温もり脈うち/生きているんだもの


 
 人は、本来
 おとなしくはない
 そうさ どんなときでも 
 温もり脈うち
 生きているんだもの
 

詩【押っ取り刀】

詩【押っ取り刀】 まさか、同時に/いくつも試練と向かい合うなんて/ぼくはそんなに強くはないよと/天を仰いだ、涙こぼした/でもやるよ 余裕なんかは少しもないけど/押っ取り刀(おっとりがたな)で戦闘開始


 
   押っ取り刀
 
 
 まさか、同時に
 いくつも試練と向かい合うなんて
 
 ぼくはそんなに強くはないよと
 天を仰いだ、涙こぼした
 
 でもやるよ 余裕なんかは少しもないけど 
 
 押っ取り刀で戦闘開始
 
続きを読む >>

詩【何とかしなければ】

詩【何とかしなければ】 やむをえず暖房も消えて/寒さこたえるこの部屋で/父と母には、身を横たえる場所がない/クレバスに/滑落したかの数日夜/このままでは… 倒れてしまう


 
   何とかしなければ
 
 
 やむをえず暖房も消えて
 寒さこたえるこの部屋で
 
 父と母には、身を横たえる場所がない 
 
 クレバスに
 滑落したかの数日夜
 
 このままでは… 倒れてしまう
 


(@東日本大震災)
続きを読む >>