9月14日、仙台で介護保障を考えるシンポジウムが開催

9月14日、仙台で介護保障を考えるシンポジウムが開催されます。
※以下、案内チラシより参照・引用


重度の障害があっても自立した生活を実現しよう!
〜 ともに介護保障を考えるシンポジウム[仙台]〜


日時:2017年9月14日(木)
   13:00〜16:00(12:30から受付開始)

会場:仙台市福祉プラザ 1階プラザホール

   (仙台市青葉区五橋2-12-2)
    http://www.shakyo-sendai.or.jp/n/aboutus/plaza


主催:介護保障を考える弁護士と障害者の会 全国ネット
    http://kaigohosho.info/
共催:仙台弁護士会

・申込不要・参加費無料(定員150名)

・お問い合わせ
 電話:0120-979-197
 メール:kaigohoshou●gmail.com(介護保障ネット事務局)

      (●を @ に変えて送信ください)

〜 内容 〜

◆基調報告

(1)「介護保障を考える弁護士と障害者の会 全国ネットの活動報告」
    採澤友香(弁護士)

・介護支給量獲得を支援する弁護士が、十分な介護保障を受けるために必要となる知識や活動をレポートします。

(2)「仙台での24時間介護保障を実現して」
    岩崎稔(筋ジス 詩人・岩崎航)
    及川智(脳性まひ ピアカウンセラー、相談支援専門員)
    木原知(弁護士)

・仙台市で24時間の支給量を勝ち取った岩崎稔さんの事例を報告します。

◆パネルディスカッション

 テーマ「力を合わせて声を上げれば、道は開ける」

○コーディネーター:
 藤岡毅(弁護士 介護保障を考える弁護士と障害者の会 全国ネット代表)

○パネリスト:
 岩崎稔(筋ジス 詩人・岩崎航 24時間ヘルパー介助を得て暮らす)
 杉山裕信(脳性まひ CILたすけっと事務局長)
 岩永直子(BuzzFeed Japan 記者)
 木原知(弁護士 仙台弁護士会所属)

・難病や障害を持っていても自分らしく生活するための手立てや、全国・東北地方における介護保障の課題を話し合います。
(全てのメニューに手話通訳・要約筆記がつきます)

◇パネリスト・コーディネーターのプロフィール

パネリスト 岩崎 稔(いわさき みのる)
1976 年生まれ。仙台市出身。詩人。岩崎航(わたる)のペンネームで、詩集「点滴ポール 生き抜くという旗印」エッセイ集「日付の大きいカレンダー」(ともにナナロク社)を刊行。公式ブログ「航のSKY NOTE」で詩を、noteでコラム「続・岩崎航の航海日誌」を発信。NHKのETV 特集で創作の日々がドキュメンタリーとして全国放送された。

パネリスト 杉山 裕信(すぎやま ひろのぶ)
1966年生まれ。仙台市出身。脳性まひ。1993年に障がい者が障がい者の自立支援をおこなう「自立生活センター」の存在を知り、仙台でもつくろうと決意し1995年1月「CILたすけっと」を発足した。自立生活支援の活動のほか、仙台市の障害者差別禁止条例づくりに市民から関わる「条例の会」や、様々な障がい者の社会的問題を提起する「みやぎアピール大行動」、東北大震災時には被災障がい者支援「被災地障がい者センターみやぎ」の立ち上げにも関わる。

パネリスト 岩永 直子(いわなが なおこ)
1973年生まれ。山口県出身。1998年東京大学文学部卒、1998年読売新聞社入社。中部支社、津支局、東京社会部(警視庁、厚生労働省など担当)、医療部、ヨミドクター編集長を経て、2017年5月8日にBuzzFeed Japanに入社。主に医療担当をしている。2015年に岩崎航氏の取材を開始し、その内容を読売新聞の医療サイト「ヨミドクター」等の媒体で発表する等して、介護保障問題にも切り込んだ。

パネリスト 木原 知(きはら さとる)
1977年生まれ。千葉県出身。仙台弁護士会所属弁護士。2011年に弁護士登録して以降、刑事事件、一般民事、家事事件等を担当。岩崎さんの事件を契機として、介護保障問題に取り組むようになる。

コーディネーター 藤岡 毅(ふじおか つよし)
1962年生まれ。東京弁護士会所属弁護士。「介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット」共同代表。元内閣府障がい者制度改革推進会議総合福祉部会委員。障害者自立支援法違憲訴訟全国弁護団事務局長。著書に「障害者の介護保障訴訟とは何か!」(現代書館・2013年・長岡健太郎弁護士との共著)、「障がい者差別よ、さようなら!」(生活書院・2014年・障害と人権全国弁護士ネット編)、「支援を得てわたしらしく生きる!」(山吹書店・2016年・「介護保障ネット」編)等多数。


あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。写真はいただいた山形県米沢の民芸品「笹野一刀彫」。思いを孵す。真っ直ぐ鶏冠を立て朝を告げる。この一年にぴったりの酉さんです。決意したことを実現して、皆さんと祝杯をあげるのを楽しみにがんばりたいと思います。2017年、今年もどうぞよろしくお願いいたします。(岩崎航)

20170101_IMGP3076.jpg

今年一年ありがとうございました。

今年一年、心震える幸せな時間をたくさん過ごしました。年末に酷い思いを味わいましたが、でもそこから、大きく世界が広がる兆しが見えたのは収穫です。生きるという航海は禍福を越えて面白い。皆さま、今年も本当にありがとうございました。来たる2017年、ともに良い年を迎えたいと思います。来年もどうぞよろしくお願いいたします。(岩崎航)

『まぁまぁマガジン』22号(エムエム・ブックス)に、岩崎航の五行歌10編が掲載

本日、11月25日に発売の雑誌『まぁまぁマガジン』22号(エムエム・ブックス)に、岩崎航の五行歌10編が掲載されました。岩崎航詩集『点滴ポール 生き抜くという旗印』所収の詩から、同誌編集長・詩人の服部みれいさんが選んだ10編です。詩とインタビューの雑誌として大幅リニューアルした号になっています。誌面にて、ぜひご覧ください。

『まぁまぁマガジン』22号の内容紹介は、こちら↓
 http://murmurmagazine.com/booksandmagazines/6191/

●エムエム・ブックス http://murmurmagazine.com/about/

●マーマーマガジン Twitter(@murmur_mag)https://twitter.com/murmur_mag

●服部みれい Twitter(@mma_millet)https://twitter.com/mma_millet

三重大学の平成28年度入学試験問題に、岩崎航の五行歌とエッセイが採用されました

平成28年度、三重大学 教育学部・特別支援教育コースの入学試験問題(小論文)に、岩崎航の五行歌とエッセイが採用されました。問題文は以下の通りです。*入学試験はすでに終了しています。

   ***

 以下は、3歳で筋ジストロフィーを発症した岩崎航さんの詩です。この詩を読んで、特別な支援を必要とする子どもたちへの教育や支援をする上で大切と思うことについて、あなたの考えを述べて下さい。(800字)

    肺活量の
    検査結果は虫の息だが
    一寸の虫にも
    五分の魂と
    笑いあう

<以下、参考資料>
生き抜くという旗印
*『点滴ポール 生き抜くという旗印』p4〜p7 エッセイ 生き抜くという旗印(実際の問題文では、全文が引用されています)

   ***

特別支援教育に携わりたいという受験生への問いということ。うれしく思いました。

●(学部概要)三重大学 教育学部・特別支援教育コース
 http://www.edu.mie-u.ac.jp/outline/fc-introduction/toku/index.html

無印良品 Open MUJI Tokyoで『ハロー!ワーク展 自分らしく、仕事と暮らし』が始まりました

6月3日(金)から、無印良品有楽町店2階の展示スペース Open MUJI Tokyoで“仕事”にまつわる展覧会『ハロー!ワーク展 自分らしく、仕事と暮らし』が始まりました。さまざまな職業に携わる皆さんが、それぞれのブースで自身の“仕事”を伝えています。そのなか「ほぼ日刊イトイ新聞」さんでは、「はたらく言葉カード 2016年バージョン」の展示と「じぃ〜っ。と見てしまう9つの仕事」の動画上映を行っています。言葉カードは「ほぼ日」で掲載された言葉 から33点。岩崎航の五行歌も1篇、選ばれています。気に入った言葉のカードがあったら、どれでも1枚、お持ち帰りいただけます。ぜひご来場ください。会期中、トークイベント・ワークショップも開かれています。詳しくは、以下のホームページをご覧ください。

●無印良品「ハロー!ワーク展 自分らしく、仕事と暮らし」
 会期:2016年6月3日(金)〜7月10日(日)
 会場:無印良品有楽町店2階 Open MUJI Tokyo
 http://www.muji.com/jp/events/2268/

●「ほぼ日刊イトイ新聞 ただいま製作中!」
 OPEN MUJI TOKYOで「仕事」の展覧会。
 http://www.1101.com/pl/seisakuchu2007/statuses/214834

岩崎航 公式ブログ「航の SKY NOTE」のメールフォームを新しくしました。

公式ブログ「航の SKY NOTE」のメールフォームを新しくしました。パソコン、スマートフォン、フィーチャーフォン(通称ガラケー)それぞれに利用可能です。

新メールフォームのURLは、
https://ws.formzu.net/dist/S31139361/ になります。

どうぞよろしくお願いいたします。

(2016.5.21 更新)

岩崎航 公式ブログ「航の SKY NOTE」のURLを分かりやすくしました。

独自ドメインを取得して、岩崎航 公式ブログ「航の SKY NOTE」のURLを分かりやすくしました。新しいURLは、http://iwasakiwataru.com/ になります。

なお従来のURL、http://skynote21.jugem.jp/ でも引き続きブログへのアクセスは可能です。どうぞよろしくお願いいたします。

秋田のフリーマガジン『のんびり』16号に、岩崎航の詩「自在」が掲載。

全国に秋田の魅力を発信しているフリーマガジン『のんびり』16号の裏表紙に、岩崎航の詩「自在」(五行歌三篇)が掲載されました。秋田県にかほ市象潟町生まれの木版画家、池田修三の版画「ぼくの白い馬」に寄せた書き下ろしです。誌面にて、版画と詩の響き合いを、ぜひご覧ください。

『のんびり』配布場所はこちら→ http://non-biri.net/location/

●フリーマガジン『のんびり』 http://non-biri.net/

●池田修三 オフィシャルサイト http://www.shuzoikeda.jp/

山梨県立甲府城西高校の平成28年入学試験問題に、岩崎航の五行歌が採用されました

山梨県立甲府城西高校の平成28年入学試験問題に、岩崎航の五行歌が採用されました。問題文は以下の通りです。*入学試験はすでに終了しています。

   ***

 次の作品は、岩崎航の五行歌『完了ではない』です。これを読んで、あとの問1、問2に答えなさい。

    乗り越えるというのは
    完了ではない
    一つの峠を歩き
    また一つの峠を
    歩き続けていくことだ

  問1 文中下線部の「完了ではない」とは、どのような意味だと思いますか。あなたの考えを30字以内で書きなさい。
  問2 あなたが、これまでの人生の中で、何かを「乗り越えた」経験を一つあげ、どのようにして「乗り越えた」のか、その経験と経験から学んだことについて、300字以内で書きなさい。

   ***

こうした形でも、また新しく高校生になる皆さんに詩を読んでいただけて嬉しく思います。

●山梨県立甲府城西高校 ホームページ http://www.josaih.kai.ed.jp/bplus/

(2016.6 更新)