詩【絶えずもっとも必要なのは】

詩【絶えずもっとも必要なのは】 介護ベッドの上で/毎日を生きる生活の人に/絶えずもっとも必要なのは/「やあ こんにちは」って/訪ねてくる/医師であり看護師であり/療法士であり/ヘルパーであり/友だちであり、恋人であり、家族であり/暮らしの時間をともにする人だ


 
 介護ベッドの上で
 毎日を生きる生活の人に
 絶えずもっとも必要なのは
 「やあ こんにちは」って
 訪ねてくる
 医師であり看護師であり
 療法士であり
 ヘルパーであり
 友だちであり、恋人であり、家族であり 
 暮らしの時間をともにする人だ
 


●ヨミドクター/岩崎航 連載エッセイ『筋ジストロフィーの詩人 岩崎航の航海日誌』
 緊急寄稿「つなげたい 社会のなかでともに生きる灯火」
 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160817-OYTEW172295/