五行歌【草の心は】

五行歌【草の心は】 この、国や世界の/冷えた部分に/草の身は暫(しば)し/ひざつこうとも/草の心は随(したが)えられぬ


 
 この、国や世界の
 冷えた部分に
 草の身は暫し
 ひざつこうとも
 草の心は随えられぬ 
 
【注】暫(しば)し/随(したが)えられぬ