障害者の生活を知るイベント+作品展を東北文化学園大学で開催します

10/19(土)〜10/20(日)東北文化学園大学にて、『「生」を支える人と社会』をテーマに展示会(障害当事者による絵と詩、ヘルパーによる写真)とイベント(映画『風は生きよという』上映会+『境を越えた瞬間』トークライブ)を開催します。

タイトル:「生」を支える人と社会

◎日程:
 展示  2019/10/19(土)〜10/20(日)東北文化学園大学文化祭開催中
イベント 2019/10/20(日)午後12時半〜15時半

◎場所:東北文化学園大学 3号館4階講義室(宮城県仙台市青葉区国見6-45-1)
    http://www.tbgu.ac.jp/about/access

◎主催:特定非営利活動法人 境を越えて https://sakaiwokoete.jp
 共催:東北文化学園大学(医療福祉学部)、日本ALS協会宮城県支部

○内容:
1、【展示】岩崎健一(画)、岩崎航(詩)作品展 & 柏原絵美写真展

◆岩崎健一(いわさき・けんいち) 画家
1969年、仙台市生まれ。3歳の時に筋ジストロフィーを発症。94年3月、呼吸不全に陥り仙台西多賀病院に入院。気管切開して人工呼吸器を装着する。退院して3 年間、自宅で家族と暮らすが97年から同病院に再入院し現在に至る。パソコンを独学し10年ほど前からパソコンで花の絵を描いている。現在、作品数はおよそ280。2014年6月には宮城県石巻市で、自身の絵と弟、岩崎航の詩の合同作品展「生命の花 希望の詩 負けじ魂で歩む兄弟展」を開催、1週間で全国から1800人の来場があり反響を呼ぶ。18年6月、兄弟共著による画詩集『いのちの花、希望のうた』(ナナロク社)を刊行。

◆岩崎航(いわさき・わたる) 詩人
1976年、仙台市生まれ。筋ジストロフィーのため胃ろうと人工呼吸器を使用し24時間介助を得ながら暮らす。2004年から五行歌の詩作を始める。詩集『点滴ポール 生き抜くという旗印』(2013 ナナロク社)、エッセイ集『日付の大きいカレンダー』(15 同)、兄弟共著の画詩集『いのちの花、希望のうた』(18 同)を刊行する。16年、創作の日々がNHK「ETV特集」で全国放送。自立生活実現への歩みを綴った連載「岩崎航の航海日誌」(16.7〜17.3 ヨミドクター)をはじめ、寄稿(BuzzFeed、月刊誌他)、講演、対談など活動の幅を広げている。本年、第二詩集を刊行の予定。HP「航のSKY NOTE」http://iwasakiwataru.com

◆柏原絵美(かしわばら・えみ) ヘルパー、写真家
1987年茨城県出身。筑波大学芸術専門学群在学中に母親がALS を発症。母親の介護を通し、ヘルパーの道を進む。自身の母親や、ALSと共に生きる当事者とそれを支える人を被写体とした写真作品を制作。二人展「メモリー機廖屮瓮皀蝓辞供廖屮瓮皀蝓辞掘廚2013年〜2015年にギャラリィK(京橋)にて開催。近年はヘルパーや、訪問介護・看護事業所の運営、子育てを主にしている。写真作品の他、ALS当事者の生活を広く知ってもらうための動画をたまに制作。
※動画「境を越えて」https://youtu.be/5euJhZLeF20(My RODE Reel 2016 ドキュメンタリー部門・ノンイングリッシュ部門ファイナリスト)、動画「SUNFLOWER-Living with ALS-」https://youtu.be/o-HIqce4mOY(My Rode Reel 2017 参加作品)

2、【イベント】映画『風は生きよという』上映会 + 『境を越えた瞬間』トークライブ

重度に障害を持っても在宅で生活をしている人達がいます。また、それを支える特殊なスキルとスタンスを持ったヘルパーがいます。しかし、現場は介護者不足で壊滅的。どうしたら、この現状を打破できるでしょうか。皆で一緒に考えてみませんか?
映画『風は生きよという』仙台市出身、名取市在住の監督(宍戸氏による作品)の上映、その後のトークライブを通して、当事者が感じる「生」を感じ、それを支える人や社会の在り方について考えてみませんか。

1.開会挨拶(東北文化学園大学 医療福祉学部保健福祉学科教授・学部長 豊田正利
       特定非営利活動法人 境を越えて 理事長 岡部宏生)(10分)
2.映画『風は生きよという』上映会(81分)
3.トークライブ『境を越えた瞬間』(60分)
◆司会者
・医療福祉学部リハビリテーション学科言語聴覚学専攻・講師 八鍬央子
・特定非営利活動法人 境を越えて 事務局次長/理学療法士 本間里美
◆登壇者(予定)
・宍戸大裕(映画監督 仙台市出身 名取市在住)
・片山望(仙台西多賀病院 リハビリテーション科 理学療法士)
・岩崎健一(筋ジストロフィー当事者/画家)
・寺田基(理学療法士/ALS協会福島県支部事務局/長尾さんの元学生ヘルパー)
・岩崎航(筋ジストロフィー当事者/詩人)
・長尾有太郎(ALS当事者/ALS協会宮城県支部長)と現役学生ヘルパー
・伊藤菜緒(ヘルパー/理学療法士/長尾さんの元学生ヘルパー)
・照井直樹(元厚労省障害福祉課 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局参事官補佐)
4.開会挨拶(日本ALS協会宮城県支部長 長尾有太郎)(5分)

本件に関するお問い合わせ先
特定非営利活動法人 境を越えて
〒135-0016 東京都江東区東陽三丁目28番9号 山屋東陽ハイツ10階 1001号室
info@sakaiwokoete.jp 担当:鈴木翔三

※上記の案内は、境を越えて プレスリリースPDFより引用 https://sakaiwokoete.jp/image/pr2.pdf