画詩集『いのちの花、希望のうた』を刊行します

2018年6月、ナナロク社から画詩集を刊行します。今作は、同じ病をもつ兄・岩崎健一による繊細で鮮やかな花の絵70点と、弟・岩崎航の代表作や初収録作で本書のために編んだ70詩を、「母」「ふたり」「踏みだす」「暮らし」「はたらく」「旗印」「希望」の7章で構成し、ふたりの書き下ろしエッセイを収録した「兄弟共作 画詩集」です。岩崎健一の初の画集となります。

この共作画詩集『いのちの花、希望のうた』は「兄弟からあなたへ絵と詩の花束を」そんな思いで編んだ作品集です。“バッグの中に、机の上に、手近な本棚に、いつでも開けば、生きるための花と詩の灯りがある”そうした1冊になれたらうれしく思います。

 画詩集『いのちの花、希望のうた』写真

画詩集『いのちの花、希望のうた』

著者:岩崎健一(画)・岩崎航(詩)

写真:齋藤陽道
ブックデザイン:小川あずさ 
プリンティングディレクション:浦有輝(アイワード)
発行人:村井光男
発行所:ナナロク社( HP→http://www.nanarokusha.com/
印刷所:アイワード
判型:B6変形判、本文212ページ
初版:2018年6月6日
価格:1836円(税込)


今週末から徐々にご注文いただいた本屋さんで並び始めます。
Amazon では6月9日から発売中。hontoなどのネット書店でも購入可能です。

刊行、ならびに刊行後の情報については随時お知らせします。