五行歌【やみのひかり】

(いわさきわたるのごぎょうか) そう思うしか なかったことを 責めないで いい やみのひかりとなる