三重大学の平成28年度入学試験問題に、岩崎航の五行歌とエッセイが採用されました

平成28年度、三重大学 教育学部・特別支援教育コースの入学試験問題(小論文)に、岩崎航の五行歌とエッセイが採用されました。問題文は以下の通りです。*入学試験はすでに終了しています。

   ***

 以下は、3歳で筋ジストロフィーを発症した岩崎航さんの詩です。この詩を読んで、特別な支援を必要とする子どもたちへの教育や支援をする上で大切と思うことについて、あなたの考えを述べて下さい。(800字)

    肺活量の
    検査結果は虫の息だが
    一寸の虫にも
    五分の魂と
    笑いあう

<以下、参考資料>
生き抜くという旗印
*『点滴ポール 生き抜くという旗印』p4〜p7 エッセイ 生き抜くという旗印(実際の問題文では、全文が引用されています)

   ***

特別支援教育に携わりたいという受験生への問いということ。うれしく思いました。

●(学部概要)三重大学 教育学部・特別支援教育コース
 http://www.edu.mie-u.ac.jp/outline/fc-introduction/toku/index.html