7月25日、BuzzFeed Japan にインタビュー記事を掲載しました

7月25日、BuzzFeed Japanにインタビュー記事を掲載しました。自民党の杉田水脈衆議院議員が月刊誌に「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題して持論を寄稿しました。「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」とした内容は、人の存在、生きる命に条件をつけ、差別し、排除する相模原事件を生んだ発想と同質のものです。人を「生産性」という眼差しで見る『貧しい思想』を許してはならない。重度の障害を持って生きる者として、対抗する声を上げました。聞き手はEditorの岩永直子さん。お読みください。

●BuzzFeed Japan 岩崎航インタビュー記事(聞き手:Editor 岩永直子)
 条件をつけられる命なんてない 相模原事件に通じる杉田議員の発言
 https://bzfd.it/2AbNZTu

BuzzFeed Japanに画詩集『いのちの花、希望のうた』の著者インタビュー記事が掲載

7月23日、BuzzFeed Japanに画詩集『いのちの花、希望のうた』(絵:岩崎健一・詩:岩崎航/ナナロク社)の著者インタビュー記事が掲載されました(本日は前編、後編は翌日に掲載)大切なあなたに、絵と詩の花束を贈る思いで編んだ兄弟共作の画詩集。岩崎健一、航兄弟の創作と関わりを丁寧に見つめています。取材はEditorの岩永直子さんです。ぜひ、お読みください。

●BuzzFeed Japan
 画詩集『いのちの花、希望のうた』岩崎健一・航著者インタビュー(Editor 岩永直子)
 前編[兄の絵と弟の詩 命が花開く創作の花束をあなたに]
 https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/inochinohana-kokoronouta-1?utm_term=.emaQ832BY#.at7XPdAzQ

 後編[同じ病を生きて「弟は同志であり戦友」「兄は隣にいる表現者で自分の灯明」]
 https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/ziokitehadearihaniirudeno?utm_term=.siqjZ9p26#.jwMopb9kg

(2018.7.25 更新)

『週刊朝日』(7/20号)の「ベストセラー解読」に『画詩集 いのちの花、希望のうた』の書評が掲載

『週刊朝日』(2018.7/20号)の「ベストセラー解読」で作家の長薗安浩さんが『画詩集 いのちの花、希望のうた』(画:岩崎健一・詩:岩崎航/写真:齋藤陽道/ナナロク社)を選んでくださいました。健一の「内側に充満している生命の勢いのようなものを忠実に描こうとして表れた」花の絵に「航の詩が寄り添い、生き抜く覚悟にあふれた画詩集」〜「生の輝きと凄み」と題された書評の言葉、誌面にて、ぜひご覧ください。

◎朝日新聞出版『週刊朝日』
 https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20202

◎長薗安浩 Twitter https://twitter.com/nagazono

『週刊現代』(7/21・28合併号)「リレー読書日記」に『画詩集 いのちの花、希望のうた』の書評が掲載

『週刊現代』(2018.7/21・28合併号)の書評欄「リレー読書日記」今回の4冊で作家の末井昭さんが『画詩集 いのちの花、希望のうた』(画:岩崎健一・詩:岩崎航/写真:齋藤陽道/ナナロク社)を紹介くださいました。健一の花の絵に「緻密で、咲き誇る花の命そのものが伝わって来るような気がする」航の五行詩「あなたは/誰にも妨げられない/必ずや/蔓は自在に伸びゆく/朝顔の花」に触れてご感想をいただきました。誌面にて、ぜひご覧ください。

◎講談社『週刊現代』 http://gendai.ismedia.jp/list/author/wgendai

◎末井昭 Twitter https://twitter.com/sueiakira

岩崎航・著書への書評(現在Webで読めるもの)

【書評】

・谷川俊太郎.com 2013年8月1日
 詩集『点滴ポール 生き抜くという旗印』(評者:詩人・谷川俊太郎)岩崎さんのコトバ

 http://www.tanikawashuntaro.com/archives/1014

・女性セブン 2016年3月17日号 書評コラム「今日を楽しむ SEVEN's LIBRARY」
 エッセイ集『日付の大きいカレンダー』(評者:イラストレーター・佐藤ジュンコ)

 https://pdmagazine.jp/today-book/book-review-67/

・週刊朝日 2016年6月3日号 書評コラム・ベストセラー解読
 エッセイ集『日付の大きいカレンダー』(評者:作家・長薗安浩)生き抜くための光源

 https://dot.asahi.com/ent/publication/reviews/2016052600106.html

(時系列順)

岩崎航へのインタビュー(現在Webで読めるもの)

【インタビュー】

・ほぼ日刊イトイ新聞「生きる、ということ。」奥野武範
 岩崎航・詩人・進行性筋ジストロフィー・点滴ポール(全3回 2014年2月)

 『点滴ポール』という詩集が本当に素晴らしく、じつにかっこよかったので著者の岩崎航さんに、話を聞きました。生きるということ。生き抜くということ。はたらくについて。ご両親への、感謝の気持ち。全3回の連載にして、お届けします。(記事より)

 第1回[感謝の気持ち]2014.2.5
 第2回[生きる、ということ。]2014.2.6
 第3回[はたらくとは。]2014.2.7

・ヨミドクター「編集長インタビュー」岩永直子
 筋ジストロフィーを病みながら、生きる喜びを歌う詩人、岩崎航さん
(全5回 2015年5月〜6月)

 詩集『点滴ポール 生き抜くという旗印』に収められた五行歌は、生きる喜びと生き抜く覚悟を歌い、読む者に力を与えてくれる。「多く失ったこともあるけれど、今の方が断然いい。絶望のなかで見いだした希望、苦悶くもんの先につかみ取った『今』が、自分にとって一番の時だ」と書く岩崎さん。命や医療について考えるインタビュー連載は、この人から始めたい。(記事より)

 第1回[暗闇の灯火 それは五行歌]2015.5.29
 第2回[『病魔』と闘う 医学の力と生活を支える力]2015.6.8
 第3回[祈りと芸術 魂の奥底から思うこと]2015.6.15
 第4回[震災 言葉を見失い、言葉に救われる]2015.6.22
 第5回[人生の胎動 人との関わりが広げる世界]2015.6.29

・ヨミドクター「編集長インタビュー」岩永直子
[番外編]筋ジストロフィーを病む詩人、岩崎航さん(全2回 2016年2月)

 岩崎航さんが6日に仙台市で開いたトークイベントの詳細をお届けします。人工呼吸器と経管栄養を使い、生活のすべてに介助を必要とする岩崎さんが、「生きる」ことについてどのように考えているのか。エッセー集の内容に基づいて語られた言葉や詩の朗読を通じて、皆さんと分かち合いたいと思います。(記事より)

 第1回[トークイベント詳報(上)「生き抜く」意思 詩作に込め]2016.2.18
 第2回[トークイベント詳報(下)40歳の挑戦 一人暮らしを]2016.2.19

(時系列順)

12月4日、朝日新聞 朝刊(宮城版)に取材記事が掲載

12月4日、朝日新聞 朝刊(宮城版)に取材記事が掲載されました。
北海道の国立病院機構八雲病院に短期入院するため新幹線を利用しての旅を計画しましたが、一時、JRから乗車拒否の対応を受けました。最終的には乗車できましたが、今回の件により、全国の新幹線がもっと多様な障害者に利用しやすいものになっていくきっかっけになればいいなと思います。お読みください。

●朝日新聞(宮城版)
 寝台型車イス、新幹線はダメ? JR東が一時乗車を拒否(編集委員 石橋英昭)
 https://www.asahi.com/articles/ASKCY544VKCYUNHB00S.html?ref=tw_asahi

11月22日、BuzzFeed Japan に取材記事が掲載

11月22日、BuzzFeed Japan に取材記事が掲載されました。
北海道の国立病院機構八雲病院に短期入院するため新幹線を利用しての旅を計画しましたが、一時、JRから乗車拒否の対応を受けました。最終的には乗車できましたが、今回の件により、全国の新幹線がもっと多様な障害者に利用しやすいものになっていくきっかっけになればいいなと思います。お読みください。

●BuzzFeed Japan News
「寝台型車いすで新幹線に乗れないの? JR東日本が対応を二転三転 障害の壁を取り払う「合理的配慮」とは(Editor 岩永直子)
 https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/shinkansenjoushakyohi?utm_term=.yfkqyRRB0#.twGkMNN7Z

9月16日の河北新報・朝刊で「介護保障を考えるシンポジウム」の紹介が掲載されました

9月16日の河北新報・朝刊15面に、一昨日の14日、仙台市福祉プラザで開催され、岩崎航もパネリストとして登壇した「重度の障害があっても自立した生活を実現しよう!ともに介護保障を考えるシンポジウム[仙台]」(主催:介護保障を考える弁護士と障害者の会 全国ネット/共催:仙台弁護士会)の紹介が掲載されました。紙面、ウェブサイトにて、ご覧ください。

◎河北新報・9月16日朝刊「重度障害者の自立探る 仙台でシンポ」
 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170916_13031.html

◎介護保障を考える弁護士と障害者の会 全国ネット http://kaigohosho.info/

東日本放送『スーパーJチャンネルみやぎ』で「介護保障を考えるシンポジウム」の紹介が放送されました

9月15日18時15分から東日本放送のニュース番組『スーパーJチャンネルみやぎ』内にて、前日の14日、仙台市福祉プラザで開催され、岩崎航もパネリストとして登壇した「重度の障害があっても自立した生活を実現しよう!ともに介護保障を考えるシンポジウム[仙台]」(主催:介護保障を考える弁護士と障害者の会 全国ネット/共催:仙台弁護士会)の紹介が放送されました。

◎東日本放送『スーパーJチャンネルみやぎ』 https://www.khb-tv.co.jp/s010/

◎介護保障を考える弁護士と障害者の会 全国ネット http://kaigohosho.info/