五行歌【敷居】

五行歌【敷居】「これくらい言ってもいいんだ」と/いくつかの/敷居を越えて/それがある/行き着く先の恐ろしさ


 
 「これくらい言ってもいいんだ」と 
 いくつかの
 敷居を越えて
 それがある
 行き着く先の恐ろしさ
 

五行歌【声を上げる】

五行歌【声を上げる】 自分の命綱を賭け/声を上げる/あなたには/届いたのかもしれない/私は 見ています


 
 自分の命綱を賭け
 声を上げる
 あなたには
 届いたのかもしれない 
 私は 見ています
 

五行歌【投票】

五行歌【投票】 来年はどうなっているんだろう/生きていくための投票/奪われないための投票/一発たりとも/自らムダにしてなるものか


 
 来年はどうなっているんだろう 
 生きていくための投票 
 奪われないための投票
 一発たりとも
 自らムダにしてなるものか
 

五行歌【必要】

五行歌【必要】 言わないから/必要ないのではないよ/ 必要があるけれど/言えないんだよ/追いつめられているんだよ


 
 言わないから
 必要ないのではないよ
 必要があるけれど
 言えないんだよ
 追いつめられているんだよ 
 

五行歌【さかしい鳥ども】

五行歌【さかしい鳥ども】 痛ましさを/痛ましさとして/感じられない/さかしい鳥ども/国を亡(ほろ)ぼす


 
 痛ましさを
 痛ましさとして 
 感じられない
 さかしい鳥ども 
 国を亡ぼす
 
続きを読む >>

五行歌【旗幟】

五行歌【旗幟】 旗幟(きし)とは/所属でも立場でもない/人間としての旗幟/ただ一本/ひるがえす旗のことである


 
 旗幟とは
 所属でも立場でもない
 人間としての旗幟
 ただ一本
 ひるがえす旗のことである 
 
続きを読む >>

五行歌【一人一人】

五行歌【一人一人】一人 一人が/どこを向いて/いるのかが/はっきりあらわに/なるときがある


 
 一人 一人が
 どこを向いて
 いるのかが
 はっきりあらわに 
 なるときがある
 

五行歌【荒れ果てた】

五行歌【荒れ果てた】 水を差してはいけない/そんなことばかり/みんなで気にして/ついには/こんなに荒れ果てた


 
 水を差してはいけない 
 そんなことばかり
 みんなで気にして
 ついには
 こんなに荒れ果てた
 

五行歌【見えない戦火】

五行歌【見えない戦火】 不実と狡(ずる)さばかりが/ぎぎぎぎぎ/蟲(むし)のように大発生して/人の心を脅(おびや)かす/見えない戦火がある


 
 不実と狡さばかりが
 ぎぎぎぎぎ
 蟲のように大発生して 
 人の心を脅かす
 見えない戦火がある
 
続きを読む >>

五行歌【最良の技法】

五行歌【最良の技法】 人間味を失わないことが/最良の技法である/それが理論と/実践とで/裏づけられたということ


 
 人間味を失わないことが 
 最良の技法である
 それが理論と
 実践とで
 裏づけられたということ