五行詩【軛など】

[五行詩]軛など 実は一瞬で外せる 目が覚めた あとの 景色の自由さに

五行詩【影】

[五行詩]それは、病魔 怯えが見せていた影だ やけっぱちの 嵐を しずかに治める

五行詩【ゴング】

[五行詩]こういう時は あなた 怒らなきゃいけないよ ゴングを鳴らし 切り返すのよ、と

五行詩【絶大な勇気】

[五行詩]絶大な 勇気を振るわなくても 生きられるように 誰をも 置いてきぼりにしないように

五行詩【「待って」】

[五行詩]あなたの 「待って」 殉難者になり前しか見てない わたしを 目覚めさせたよ

五行詩【勇気は】

[五行詩]どうしようも なくなった時 勇気は やむにやまれぬ処から 自発するのだ

五行詩【火】

[五行詩]しっくりと 手に馴染む 器になるための 火なのだ ゆらめきよ

五行詩【貫こう】

[五行詩]思いを貫こう 人と自分に 気兼ねしているうち 一生が 終わってしまう

五行詩【弱ったとき】

[五行詩]弱ったときは 弱っていても いいんだ 強がる弱さを そっと手放す

五行詩【たとえ何ものも】

[五行詩]たとえ何ものも 自らを 生きることの 芯までを 焼き尽くすことはできない