五行詩【病者の勇気】

[五行詩]何が足りないのか 肝心のことを申しました こんなところで 病者の勇気を 使わせないでください

五行詩【苛烈】

[五行詩]苛烈になるのは 君にまだ 熟さぬところが あるからだ 後ろから言われる

『病と障害と、傍らにあった本。』にエッセイを寄稿しました

2020年10月25日、里山社からエッセイ集が刊行されます。

『病と障害と、傍らにあった本。』
著者:齋藤陽道、頭木弘樹、岩崎航、三角みづ紀、田代一倫、和島香太郎、坂口恭平、鈴木大介、與那覇潤、森まゆみ、丸山正樹、川口有美子
装丁:服部一成
定価:2,000円+税 256ページ 上製本
ISBN: 978-4-907497-12-5

病や障害の名でくくれない、固有の症状や想い。誰かと分かち合うことのできない時間、傍らにあった本とは。 病や障害の名前ではひとくくりにできない、その実情。それゆえにその只中にいる人は、心身のつらさのみならず、誰とも分かち合えない想いに孤独に陥りがちになる。そんな時、外の世界と自分の内とを繋ぐ「窓」となる本は、あったのか。12人の当事者、介護者による、本と病と障害と、生きることにまつわる書き下ろしエッセイ集。

(里山社ホームページより)http://satoyamasha.com/books/2586

五行詩【プロジェクト】

[五行詩]プロジェクトが 大事で 目の前の人を見ていない 遠い目をして 何をしようというのか

立岩真也教授のインタビューでお話ししました

2019年12月に立岩真也(立命館大学大学院先端総合学術研究科)教授とお話ししました。
(岩崎航氏インタビュー20191208 聞き手:立岩真也 於:仙台市・岩崎航 宅)
こちらで読むことができます→ URL http://www.arsvi.com/2010/20191208iw.htm

五行詩【違い】

[五行詩]勘違い 間違い場違い 見当違い そんなことさえ 生きている

五行詩【ジャムの瓶】

[五行詩]お店屋さんで ジャムの瓶を落としたとき 壊れることの 悲しみを知った 四歳くらいだったか

五行詩【わるふざけ】

[五行詩]わが子でも 人前で貶めるような 扱いを してはダメだよ 親のわるふざけで

山形ビエンナーレ2020「いのちの学校」にオンライン出演

みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020
テーマ 山のかたち、いのちの形 〜全体性を取り戻す芸術祭〜
(会期:2020年9月5日〜27日)のプロジェクト
「いのちの学校」にオンライン出演・出展します(映像作品 収録配信)

漆黒とは、光を映す色 〜詩人・岩崎航が、生きることと芸術を語る〜
9月25日(金)14:00〜15:15
出演:岩崎航(詩人)&聞き手・岩永直子(BuzzFeed Japan News Editor)

内容:難病を持ち、生活の全てに介助を得ながら五行歌の創作を続ける詩人・岩崎航が、5つのテーマ【病と創作】【コロナ禍・災害】【相模原事件と優生思想】【家族・人との繋がり】【芸術の力】に沿って詩の朗読を交え、生きることと芸術の関係を語る。
岩永直子を聞き手に、岩崎航のトーク・詩の朗読をビデオ収録した動画をウェブ発信します。

視聴は、こちらから ↓
URL:https://biennale.tuad.ac.jp/program/182
※会期中は、再視聴・閲覧が可能です。

プロフィール
岩崎 航(いわさき わたる)詩人。筋ジストロフィーのため経管栄養と呼吸器を使い、24時間の介助を得ながら自宅で暮らす。25歳から詩作。2004年から五行歌を書く。ナナロク社から詩集『点滴ポール 生き抜くという旗印』、エッセイ集『日付の大きいカレンダー』、兄で画家の岩崎健一と画詩集『いのちの花、希望のうた』刊行。エッセイ『岩崎航の航海日誌』(16年〜17年/ yomiDr.)のWEB連載後、病と生きる障害当事者として社会への発信も行っている。本年10月に詩集『震えたのは』(ナナロク社)刊行予定。

岩永 直子(いわなが なおこ)BuzzFeed Japan News Editor。1998年、読売新聞入社。社会部、医療部、医療サイト「yomiDr.」編集長を経て、17年5月にネットメディアBuzzFeed Japanに転職。医療担当の記者、編集者を務めている。岩崎航とはyomiDr.時代に知り合い、交流を続けている。

※以上、山形ビエンナーレ2020公式サイトより引用
 https://biennale.tuad.ac.jp/program/182

「お盆はおうちで谷川俊太郎さんと朗読の会」再放送の配信

先月8月16日に開催したオンライン「お盆はおうちで谷川俊太郎さんと朗読の会」再放送の限定配信のご案内です。

以下、ナナロク社HPより

◇◇本作はオンラインイベントの限定動画配信です。ご購入いただきPDFをダウンロードします。PDFにあるURLから期間限定で視聴できます◇◇

この動画は購入者のみが期間限定で視聴可能です。期限をすぎますと動画の配信は停止されます。購入期限:2020年9月30日迄/配信期限:2020年10月7日迄

本作は「お盆はおうちで谷川俊太郎と朗読の会」の再放送動画です(2020年8月16日収録)。この夏、谷川俊太郎さんをホスト役に6人の詩人と歌人が集いました。谷川さんから出された朗読のしばりは「近作(近ごろつくった作品)」であること。6人それぞれの詩人と歌人の今が、お話とともに繰り広げられます。

出演:谷川俊太郎、三角みづ紀、御徒町凧、木下龍也、岡野大嗣、岩崎航
進行:村井光男(ナナロク社)
収録:8月16日(日)収録

【本作の配信について】
購入期限:9月30日迄
配信期限:10月7日迄
視聴料:2000円+税
配信は、限定公開のYouTubeでの視聴です。ご購入後は、配信終了まで何度でも視聴できます。配信の注意事項を下に記しました、ご覧ください。

【朗読と字幕について】
本作では、詩と短歌の朗読に「字幕」をつけています。字幕は、作者からご提供いただいたテキストを朗読とその作品の形態にあわせて配置しています。一部、実際の朗読とテキストが合わない箇所がありますが、文字の作品を声で表現する際の変化も見えるため、元のテキストのままとしています。
なお、字幕がないバージョンの配信は行いませんので、ご了承ください。

【配信の注意事項】
※配信ページのURLを第三者, WEBページ、 SNSなどへ転載する行為は禁止します。
※URLをスクリーンショットなどで画像ファイル化したものの転載も禁止します。
※配信視聴にはデータ通信量が多くかかります。Wi-Fi環境での視聴をお勧めいたします。
※視聴回数に制限はございません。